2020年12月14日「茨城の素敵な市場に行ってきました」

20201214ブログ写真
週末、家族で茨城県ひたちなか市にある那珂湊(なかみなと)に行ってきました。目的は漁港にある市場で美味しい魚介類を買い求めることです。私の家族は皆魚介が大好きで、よく休みになると遠出して市場に買い物に行きます。

最近は三崎、沼津、銚子など南の方が多かったので、今回は少し北上して茨城県の大洗方面に行くことにしました。家からですと2時間くらいかかるので、早朝攻めるためには、夜中から家を出て現地近くで泊まるしかない、ということで、仮眠をとって夜の0時に家を出発、目的地近くのサービスエリアで車を止め、車中泊をしました。エンジンを切って車の中で寝るので、朝は相当寒いのですが、美味しい魚を食べるためには仕方ありません。寝袋に包まって、陽が上るのを待ちます。
ようやく陽が上り、改めて那珂湊へ出発。
車を30分ほど走らせて、那珂湊の「おさかな市場」に到着しました。
第一印象は「昭和の市場」という感じで、胴長を履いた親父さん達が威勢の良い声を上げて、客を呼び込んでいます。中には若いお兄さんやお姉さんも店先に立っていて、元気いっぱいに声を上げていました。寂れた感じは全くなく、市場だけ都会の様な印象を受けました。
市場ではシーズンの蟹をはじめ、鮭、鮪、うに、貝などが並んでおり、名産のあんこうも揃っていました。一通り買い揃えて、市場の中にある食堂で、刺身定食を頂きました。
近海で獲れた地場の魚介がずら〜と並んだ圧巻の刺身定食でした。
これを食べられただけでも、寒い思いをしてまで頑張ってよかったな、と思います。笑
帰りに、海を眺めながら参拝ができると有名な磯崎神社に詣でて、来年の商売繁盛と家族の健康をお祈りして、東京へと戻って参りました。

失礼な話ですが、茨城というとあまり海の印象がなく、「茨城の市場??」と最初は妻の提案を疑ったのですが、行ってみて非常に満足できる市場と出会いました。
年末にもう一度行って、正月の買い出しをしようと思いました。 皆様も機会があれば、ぜひ行って見てください。