代表ご挨拶

「税理士業は究極のサービス業です」

税とはなんでしょうか。

国や地方公共団体が国民から徴収するもので、国民が生活していくための公共インフラの整備等の財源として使われるものです。
私たち国民に課せられる税ですが、税に関する悩みは私たちがどんな職業についていても、どこで生活をしていても、産まれた時でも人生の最後であっても、常に私たちに纏わり付き、時には複雑に絡み合いながら、私たちの生活や人生に深く関わってきます。
一方で税がなければ、警察、消防、救急、公衆衛生、教育などの最低限の生活をしていく土台が整備されませんので、生活を維持していくことができないのも事実です。その意味では、私たちと税は切っても切れない関係にあります。
ですから、私たちは税の制度や本質、あるべき形を正しく理解し、適切な関係かつ適度な距離感で付き合っていく必要があるのです。

私は、皆様が税に関して直面するあらゆる課題に対して、個人或いは法人、国内或いは国外、業種或いは業態、年齢、住まい、家族構成を問わず、どの様なご質問に対しても、幅広く高度な専門知識と長年の経験を用いて、適切な課題解決のお手伝いをします。

また、専門家である以前に人間性のある社会人として、お客様に安心と信頼を与えられるサービスを提供することを心掛けていきます。
これからも、お客様から安心して相談して頂ける税のホームドクターとして、お客様に究極のサービスを提供していきます。

プロフィール

宮崎県出身。
税理士、医療経営士。筑波大学大学院修士課程修了、一橋大学大学院法学研究科博士課程在学中。
神奈川県産業振興課起業支援拠点「HATSU鎌倉」サポーター就任。
相続・事業承継を専門とする都内税理士法人での13年間の修行を終え独立。
中小企業の事業承継やM&A、企業オーナーや資産家の相続税・所得税対策や資産運用などの幅広い業務に従事。
また、医療法人、財団法人、学校法人などの特殊法人のコンサルティングも得意としている。
現在は、セカンドオピニオンをベースとした相談顧問業務を展開している。
『仕訳・勘定科目インデックス』(共著・税務研究会出版局)
『法人が納める地方税Q&A 法人住民税・事業税・事業所税・償却資産税』(共著・税務経理協会)
『解散・清算、事業譲渡、M&Aの税務Q&A 顧問先にとってより良い選択は』(共著・第一法規株式会社)
金融機関、保険会社、不動産会社、行政機関が主催する税務関連セミナーを年間60件程度実施
エスペランサ税理士事務所_ご相談
ページ先頭_エスペランサ税理士事務所HP