2021年3月3日「H A T S U鎌倉で確定申告相談会を実施してきました」

4028636_s
先日、鎌倉市による起業家支援プロジェクト「H A T S U鎌倉」にて、起業家のための確定申告相談会を実施してきました。
2月26日と3月1日の2回実施したのですが、各3枠合計6枠全てに申し込みがあり、全てのコマで税金のお悩み相談を受けました。
相談内容は、スタートアップの起業家ならではのご相談が多く、例えば、個人と法人の売上や経費の切り替えとか、創業前に支払った経費の取り扱いとか、帳簿の付け方や減価償却の仕方など、経営者としては知っておかねばならないことだけども、独学で理解するのはちょっと難しい論点が多かったように思います。
幸いにもその場で解決できる論点がほとんどでしたので、全てのご疑問に即座にお答えできました。相談者様も満足して下さっており、リピートのご要望も頂きましたので、事務局と相談してまた機会を作ってお応えしたいと思っています。

今回の相談会で印象に残ったことは、スタートアップの起業家というのは、共同経営でない限りはご自分一人で事業をなさっているケースが大半で、本業のビジネスのことはもちろんのこと、専門外の資金繰りや税金のことまで全て処理しなければならず、経営者にかかる負担が非常に大きいなと感じました。ただ、それは自分が好きで始めたことなので百歩譲って良いとしても、誰にも相談する相手が居ない「孤独な状態」というのは、ちょっと辛いなと思います。
その点において「H A T S U鎌倉」の様に行政が主体となって起業家を支援していく取り組みというのは、非常に良い試みだと思います。H A T S U鎌倉には、会計士や弁護士を初め、上場企業の社長として活躍する先輩経営者などのサポーターが所属して起業家支援を行なっています。今回の相談会の様に、誰にも相談できずに悩んでいる起業家を、それぞれの分野の専門家が支援している訳です。この様な取り組みがもっと色んな地域で発生すれば、日本はより起業がし易い国になるのだろうなと感じています。私は社会貢献としてこの事業に携わっていますが、私の様な専門家が適切に関与して、もっと起業家を盛り立てていく機運が高まれば、素敵なことだなと感じています。

「孤独な状態」はとても辛いことです。特に経営者は孤独に陥りやすい。私も経営者だから良く分かります。だからこそ、そんな孤独な経営者を一人でも支えられる様に、私は今後も自身の能力を使っていきたいと思います。